メガネフレームの多彩な世界!種類やデザインをご紹介

公開日:2024/06/15
           
           

種類とデザイン

メガネは形状や素材、デザインのバリエーションが多岐にわたり、自分の個性を引き立てるための魅力が満載です。この記事では、さまざまなメガネフレームの種類やデザインに焦点を当て、その多様性に迫ります。新しい眼鏡を選ぶ際の参考になる情報やおすすめのスタイルを見逃さないように、ぜひ最後までご覧ください。

メガネフレームの種類

メガネは単なる視力矯正具だけではなく、ファッションアイテムとしても一役買っています。その中でも、メガネフレームはとくに印象を左右する要素といえます。

さまざまなデザインや素材があり、個性やスタイルによって選ぶべきメガネフレームも変わってきます。ここでは、主要なメガネフレームの種類をご紹介しましょう。

フルリム

フルリムは、レンズ全体をしっかりと囲んだクラシックなスタイルです。このフレームは耐久性が高く、安定感があり、どんなスタイルにも馴染みます。ビジネスからカジュアルまで、汎用性が魅力です。

ハーフリム

ハーフリムはレンズの上半分だけを囲み、透明な糸で下半分を支えるデザインです。シャープでスタイリッシュな印象を与え、メガネが強調されにくいため、洗練された印象を求める方に適しています。

リムレス

リムレスは、レンズの周囲にフレームがないタイプ。軽快でおしゃれな雰囲気を醸し出し、素顔に近い印象を与えます。

初めてのメガネ利用者や地味すぎずおしゃれな印象を求める方に適しています。

アンダーリム

アンダーリムは、レンズの下半分だけを囲むスタイル。個性的なデザインで、目を引く印象を作り出します。

アクセントとしてメガネを活用したい方や、ユニークな印象を好む方におすすめです。

メガネフレームの素材

メガネフレームの素材は、デザインや耐久性、快適な装着感に大きな影響を与えます。どの素材が最適かは個人の好みやライフスタイルによって異なりますが、それぞれの素材の特徴を知ることで、理想的なメガネ選びができます。

ここでは、メガネフレーム素材をご紹介します。

メタルフレーム

メタルフレームは、主にチタンやその合金から成り立っています。これらの素材は優れた強度を誇り、細いフレームも可能なため、洗練された印象を与えます。

金属ならではの高級感と耐久性は、とくにビジネスやフォーマルな場面での使用に適しています。

セルフレーム

セルフレームは、主にプラスチック素材を使用し、アセテートやセルロイドなどが代表的です。

軽量かつ柔軟性があり、多彩なデザインやカラーバリエーションが可能なのが特徴。カジュアルなスタイルやファッション性を重視する方に好まれます。

メタル&プラスチックコンビネーション

コンビネーションフレームは、メタルとプラスチックなどの異なる素材を組み合わせたもの。メタルの強度とプラスチックの柔軟性をうまく融合させ、機能性とデザイン性を同時に追求しています。

個性的なスタイルを求める方におすすめです。

ナイロールフレーム

ナイロールフレームは、レンズの上半分を囲むハーフリムタイプで、ナイロン糸でレンズを留める独自のデザインです。

軽快な印象でありながら、耐久性も確保。スポーティなスタイルやアクティブなライフスタイルに適しています。

メガネフレームのデザイン

メガネフレームの形状は、顔の印象やスタイルに大きな影響を与えます。さまざまな形が存在する中、どの形が自分にマッチするかを知り、個性豊かな視線を手に入れましょう。

ラウンド型

ラウンド型のメガネフレームは、真円に近い形状で、知的な魅力や独特のレトロ感があります。ハロルド・ロイドやジョン・レノンが愛用したことで知られ、最近では「文豪メガネ」としても注目を集めています。

ラウンド型は、個性的で知性を漂わせたい方におすすめのスタイルです。

オーバル型

オーバル型は、楕円形のレンズをもつメガネフレームで、知的で柔らかな印象を醸し出します。

シンプルながらも幅広いスタイルに適応し、ファッションやヘアスタイルの影響を受けにくいのが特徴です。老若男女問わず、幅広い層に人気があります。

スクエア型

スクエア型のメガネフレームは、横長で角のあるデザインを指します。

直線的でシャープな印象を与え、洗練されたビジネスシーンにもマッチします。とくに丸顔の方におすすめで、しっかりとした顔立ちを演出します。

ボストン型

ボストン型は、丸みを帯びつつ上部が台形や逆三角形を描くデザインです。

知性的で都会的な印象を演出し、丸顔や四角い顔の方にバランスよくマッチします。明治から大正にかけて、知識人たちに愛用された形状でもあります。

ウェリントン型

ウェリントン型は、逆さにした台形の形状をもち、クールで知的な雰囲気を醸し出します。

ジョニー・デップが着用したことで有名になり、男女問わず広く支持されています。縦幅があり、丸顔や逆三角形の顔にもしっかりと馴染みます。

フォックス型

フォックス型は、フレームの両端がつり上がったデザインで、小悪魔のような印象を与えます。個性的で強い存在感を求める方におすすめで、フェイスラインを引き締めてくれます。

ファッショナブルなデザインで、ほかとは一線を画したい方にピッタリの形状です。

まとめ

メガネフレームは多彩な種類やデザインが魅力的です。異なる素材やデザインにより、個性やスタイルを表現できます。この記事では、種類や素材、デザインの多様性を解説しました。

自分に似合うメガネを選ぶことは、自分自身のアイデンティティを表現し、日常の印象をよりポジティブにする方法のひとつです。顔型やフェイスライン、目鼻立ちなどを考慮し、ヘアスタイルやファッションとの調和も忘れずに。

自分に合うメガネを選び、新たな魅力を引き出しましょう。

                   

おすすめ関連記事

RANKING TABLE

【銀座】おすすめのメガネ屋ランキング比較表

イメージ1
2
3
4
5
会社名和真眼鏡金子眼鏡店PARIS MIKIメガネの田中JINS
特徴確かな技術を持った眼鏡士が、快適な視生活を提供してくれるメガネメーカー高品質でおしゃれなメガネを手頃な価格で購入できる老舗の眼鏡メーカーきめ細やかなサービスと、製造から小売りまでを一貫して行う眼鏡メーカー1913年創業の老舗メガネ専門店。100年以上にわたり高品質なメガネを提供高品質でおしゃれなメガネを手頃な価格で購入できる老舗の眼鏡メーカー
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら