OBJ EASTの口コミや評判

公開日:2023/11/01 最終更新日:2023/11/28
           
           

OBJ EASTの画像

価格 obj water double-ridge 35,200円(税込)
obj water Paddle 26,400円(税込)
営業時間 11:00~20:00
店舗住所 〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目8−9 木挽館銀座ビル
アクセス 銀座線銀座駅12番出口より徒歩3分
支払い方法 記載なし
MAP

メガネは身につけるものの中でも実用的な要素が強いですが、同時にかける人の個性を演出する重要なアイテムでもあります。そのため1人1人に本当に合ったものを本人が納得して選ぶことが大切です。そこで今回は「物語を運べる価値を持つアイウェア」をコンセプトにクオリティの高い商品を厳選して扱うOBJ EASTの特徴を解説します。

自社一貫生産のアイウェアショップ

OBJ EASTはOBJが銀座にかまえるアイウェア専門のセレクトショップで、さまざまなブランドのメガネを常時4,000本ほどストックしています。

OBJは1998年からオリジナルフレームも開発してきました。現在では数多くのシリーズが展開されていて、自社一貫生産で手がけられるオリジナルフレームの数々は、多くの人たちに愛されています。ここでは特に人気のシリーズを厳選して紹介します。

obj vintage I

1人のお客さんが持ち込んだ、昭和初期ごろに製作されたと思われる古いメガネがきっかけとなり生まれたシリーズです。フレームの修理を依頼されたものでしたが、そのフォルムの存在感や造作の美しさに惚れこみ、現代の素材と技術で再現したいと模索を開始したことからobj vintage Iの開発は始まりました。

もともとの佇まいや雰囲気はしっかりと残しつつ、かけ心地や質感は当時のものと比べて飛躍的にアップしています。最新の素材で仕上げることで、古き良きアンティークなデザインと機能性をバランスよく両立。部品や仕上げ加工が異なる4種類から好みのものを選ぶことができます。普遍的なメガネのよさを愛する人には特におすすめのシリーズです。

ROKKAKU EYEWARE DESIGN

ヨーロッパ、アメリカ、日本でこれまで生み出されてきたメガネの名品を土台に、クラシックな要素のよさを残しつつも現代的に蘇らせる形で誕生したのがROKKAKU EYEWARE DESIGNです。

参考元のデザインは1920~1980年代のものまでと幅広く、時代や場所に関わらず多くの人々を魅了してきたメガネのエッセンスに、OBJが人工工学にもとづいた理論を加え、現代風に生まれ変わらせました。

1940~1950年代ごろにフランスで人気だった「クラウン パント」をもとにした「Sky Ace」、かつてアメリカでケネディ大統領がかけていたことで記憶している人も多いメガネを再構築した「JFK」、フランスで活躍したル・コルビュジエがかけていたモデルから発想を得て、そこに日本的な要素である京都伝統の唐草模様を加えた「CORBY」、トリックパーフォーマーとのコラボレーションモデルとして製作された「TRICK PERFORMER」の4種類が展開されています。

obj water ACE

OBJが製作してきたメガネの中でもとくに高く評価され、グッドデザイン賞の受賞歴も持つobj waterシリーズ。obj water ACEはその中でも初のアセテートモデルで、部分的にほどこされたダブルアセテートがポイントです。ボリュームのあるデザインですが、フレームの芯に超軽量のチタニウムを採用することで軽量化に成功しています。

映画の中にあるアイウェア

古くから、映画の中で重要な役割を果たしてきたアイウェアは数多くあります。アイウェアの性質上、それ自体がストーリーに大きな関わりを持つことは決して多くありませんが、名俳優たちがかけていたモデルを見てピンとくる人も少なくないはずです。

ここではOBJがセレクトショップとして取り扱う商品の中で、映画に登場したことがあるものをいくつか紹介します。

OLIVER PEOPLES「Nitro」「Victory」

映画「Mr.&Mrs.スミス」の中で主演のブラッド・ピットがかけていた両モデル。Victoryは海外ドラマの「BURN NOTICE」で主役のマイケル・ウェスティンがかけていたモデルでもあります。

OLIVER PEOPLES 「Madison」

映画「スピード2」の中で主演のサンドラ・ブロックが、恋人と南国で過ごすシーンでかけていたのがこのモデルです。繊細さの中にも凛として1本筋の通ったような美しさが感じられるモデルとして現在も多くの人を魅了しています。

OLIVER PEOPLES 「Vibe-S」

映画「キル・ビル2」の中で殺し屋のザ・プライドを演じるユマ・サーマンが運転中にかけていたモデル。サングラスとしてのほどよいサイズ感とファッション性の高さが人気の理由の1つです。

眼鏡の保管について

良質でこだわりのつまったアイウェアを取り扱っているOBJ EASTでは、メガネの保管についても丁寧に案内しています。

アルカリイオン水で作られた洗剤や、専用のメガネ拭きなど、お手入れに必要なアイテムも取り扱っていますので、買ってそのままの状態で使い続けるのではなくメンテナンスしながら大切に使いたいですね。

また、フレームのゆがみの微調整やクリーニングはOBJ EASTで無料で行ってくれます。

まとめ

OBJ EASTで取り扱っているアイウェアは、ファッション性と機能性を兼ね備えていて、多くの人たちに愛されています。

シトロエンDSをコンセプトのベースとした店内にはまるでアート作品のようにアイウェアが展示され、訪れる人は洗練された空間の中で自分が求めるものを心ゆくまで探すことができます。

たしかな品質のものを日々の生活に取り入れることは、人生を豊かにすることにも繋がるのではないでしょうか。

OBJ EASTの口コミ・評判を集めました

K Oさん
永くお付き合いできるお店
各種ブランドを取り揃えて品数豊富です。 加えて素晴らしい接客とアフターサービスで末永くお付き合いできるお店です。 店員さんと共に時間をかけてお気に入りのメガネを見つけてみて下さい。 ちなみに軽微なパーツ交換程度なら無償でご対応いただけたりします。

引用元:https://www.google.com/

映画に登場したことがあるメガネフレームも取り扱っているため、アンティークなデザインのフレームを探している方におすすめです。フレームのゆがみの修正やクリーニングを無料で行うなど、購入後もメガネのメンテナンスをしてくれるのは有難いですよね。
                   

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

RANKING TABLE

【銀座】おすすめのメガネ屋ランキング比較表

イメージ1
2
3
4
5
会社名和真眼鏡金子眼鏡店PARIS MIKIメガネの田中JINS
特徴確かな技術を持った眼鏡士が、快適な視生活を提供してくれるメガネメーカー高品質でおしゃれなメガネを手頃な価格で購入できる老舗の眼鏡メーカーきめ細やかなサービスと、製造から小売りまでを一貫して行う眼鏡メーカー1913年創業の老舗メガネ専門店。100年以上にわたり高品質なメガネを提供高品質でおしゃれなメガネを手頃な価格で購入できる老舗の眼鏡メーカー
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら