サングラスの「調光レンズ」と「偏光レンズ」の違いは?

公開日:2024/03/15 最終更新日:2024/01/23
           
           

サングラス

サングラスはファッションアイテムとしてだけでなく、目を守る重要な役割を果たしています。サングラスの選択肢は多様で、そのなかでも調光レンズと偏光レンズは注目を集めています。この記事では、サングラスのレンズにおける調光レンズと偏光レンズの違いについて詳しく解説し、それぞれの使い分け方についても探っていきましょう。

サングラスのレンズの種類とは

サングラスのレンズは、さまざまな種類が存在します。それぞれに特性や効果があり、異なるシーンや用途に適しています。サングラスのレンズは大きく4つに分けられます。

カラーレンズ

カラーレンズは、さまざまな色で提供されており、視界の快適性を向上させます。一部のカラーレンズは特定の条件下での視界を最適化し、特定の色合いを強調する役割を果たします。

調光レンズ

調光レンズは、紫外線の量に応じてレンズの濃度を調整する能力をもっています。日光の強さに合わせて、レンズが暗くなったり明るくなったりするため、非常に便利です。

偏光レンズ

偏光レンズは、光の乱反射をカットし、視界のまぶしさを取り除きます。とくに水面や地面からの反射光を効果的にブロックし、鮮明な視界を提供します。

ミラーレンズ

ミラーレンズとは、鏡のように反射するレンズで、外部からの視線を遮るのに役立ちます。ファッション性も高く、屋外のアクティビティに適しています。

これらのレンズのなかでも、とくに調光レンズと偏光レンズが注目を浴びています。以下では、それぞれの特性を深掘りしていきましょう。

調光レンズと偏光レンズの違いとは?

調光レンズと偏光レンズは、どちらも日差しをカットする役割を果たすサングラスですが、その仕組みや効果にはいくつかの重要な違いがあります。

調光レンズ

調光レンズは、その特性により非常に魅力的な選択肢となります。とくに日光の強い日にはその威力を発揮します。このタイプのサングラスは、紫外線の量に応じてレンズの濃さを調整できます。紫外線が強い状況では、レンズが暗くなり、まぶしい光をカットします。

一方、屋内にいるときは、レンズが明るく透明になり、快適な視界を提供します。この機能は、屋外でのアクティビティやドライブ中に役立ちます。たとえば、リゾート地での休暇を楽しんでいるときや、自転車に乗っているときの急な気象変化にも柔軟に対応できます。

調光レンズを選ぶことで、日中の視界を一貫して快適に保ち、目を紫外線から守れます。ただし、調光レンズを選ぶ際には、レンズの濃さが自動的に変化することを理解しておく必要があります。

屋内に入るときにレンズが明るくなるため、とくに運転中や室内での活動中に液晶画面を使用する場合には、注意が必要です。しかし、その都度手動でレンズを取り替える必要がなく、多くの人にとって便利な選択肢といえるでしょう。

偏光レンズ

一方、偏光レンズは、光の乱反射を効果的にカットし、視界のまぶしさを解消します。主に水面や地面からの反射光に対して効果的であり、釣りやマリンスポーツなどのアウトドアアクティビティに適しています。

偏光レンズは、光の乱反射をカットするため、スマートフォンやカーナビなどの液晶画面が見にくくなります。車の運転中やスマートフォンをよく使用する場合、この点に留意が必要です。また、偏光レンズは、光の乱反射を効果的にカットするため、レンズが比較的濃く見えます。これは、視界をクリアにする一方で、一部の人には好まれないことがあります。

調光レンズと偏光レンズの使い分け方

調光レンズと偏光レンズは、それぞれ異なる用途に適しています。どちらを選ぶかは、活動や環境に合わせて考えます。

偏光レンズに適したシーン

偏光レンズは、光の乱反射をカットして視界をクリアにするため、以下のような用途におすすめです。

・車の運転

車の運転中に発生する道路上の反射光を効果的にブロックし、快適な運転環境を提供します。

・釣り

水面からの光の乱反射をカットし、魚を見つけるのに役立ちます。

・マリンスポーツ

海や湖でのアクティビティに適しており、水面の反射光から目を守ります。

・屋外イベント

野外コンサートやスポーツ観戦など、屋外でのエンターテインメントにも最適です。

調光レンズのおすすめ利用シーン

一方、調光レンズは、紫外線の量に応じてレンズの濃度を調整するため、以下のようなシーンで利用されることが多いです。

・ 日差しが強いシーズン

夏や春など、日差しが強い季節にサングラスをかけることは一般的です。調光レンズが自動的に適切な明るさに調整してくれます。

・屋外アクティビティ

散歩、ジョギング、自転車に乗る際にも調光レンズは非常に便利です。屋外でのアクティビティをより快適に楽しむために適しています。

まとめ

サングラスを選ぶ際に、調光レンズと偏光レンズの違いを理解することは、期待する効果を得るために重要です。どちらのレンズも優れた視界と目の保護に役立ちますが、活動や環境に合わせて使い分けることがポイントです。調光レンズは紫外線の量に応じてレンズの濃度を自動調整するため、屋外での使用に最適です。一方、偏光レンズは反射光をカットするため、釣りや車の運転などの特定のアクティビティに向いています。適切なサングラスを選ぶことで、視界の快適さと目の健康を守れます。

                   

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

RANKING TABLE

【銀座】おすすめのメガネ屋ランキング比較表

イメージ1
2
3
4
5
会社名和真眼鏡金子眼鏡店PARIS MIKIメガネの田中JINS
特徴確かな技術を持った眼鏡士が、快適な視生活を提供してくれるメガネメーカー高品質でおしゃれなメガネを手頃な価格で購入できる老舗の眼鏡メーカーきめ細やかなサービスと、製造から小売りまでを一貫して行う眼鏡メーカー1913年創業の老舗メガネ専門店。100年以上にわたり高品質なメガネを提供高品質でおしゃれなメガネを手頃な価格で購入できる老舗の眼鏡メーカー
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら