メガネフレームは自分で直せる?調整の頻度について解説

公開日:2024/05/15 最終更新日:2024/02/02
           
           

パソコン-女性

メガネは視力矯正やファッションアイテムとして非常に重要ですが、時折は調整が必要です。この記事では、メガネのフレーム調整について詳しく掘り下げ、自分でできることとできないこと、そして、調整の頻度について解説します。また、メガネのフレームをそのままにしておくと、どんな問題が生じるのかについても紹介します。

メガネフレームは自分で調整できる?

メガネのフレーム調整は、一般的に自分でできる範囲と、専門家に依頼したほうがよい範囲があります。ここでは、どのような調整が自分でおこなえるのか、詳しく説明します。

ネジ締め調整

メガネのフレームには、ネジで固定されている部分があります。これらのネジが緩んでしまった場合、自分で締め直すことは可能です。

ただし、専用の精密ドライバーを使用し、慎重におこなう必要があります。ネジ締め調整は、メガネを自宅でメンテナンスする際によくおこなわれる調整方法のひとつです。

緩んだネジは、メガネのフレームの安定性に影響をおよぼすため、調整が必要です。最初に、使用する精密ドライバーのサイズを確認しましょう。

メガネのネジは非常に小さなものが多いため、適切なサイズのドライバーを選びます。次に、メガネのフレームの緩んだネジをみつけます。通常、フレームのテンプル(耳にかける部分)やノーズパッドまわりにネジがあります。

これらの箇所を確認し、緩んだネジを特定します。ドライバーを使って、緩んだネジを時計回りに締めます。

ただし、力を入れすぎないように、慎重に調整しましょう。ネジを締めすぎると、フレームが歪んでしまう可能性があります。

ネジ締め調整が完了したら、メガネを顔にかけ、フィット感を確認しましょう。メガネがしっかりとフィットし、安定感があれば調整は成功です。

この方法でネジ締め調整をおこなうことで、メガネのフレームが安定し、快適に装着できるようになります。ただし、非常に細かい作業であるため、慎重におこなうことが大切です。

メガネフレームの調整は自分で行わない方が無難

メガネフレームの調整は自分でおこなわないほうが無難です。なぜなら、メガネは精密な光学機器であり、誤った調整が視力に悪影響をおよぼす可能性があるからです。

とくに、ネジ締めやノーズパッドの微調整は、専門的な知識や道具が必要であり、素人がおこなうと逆に問題を引き起こすことがあります。また、メガネフレームの材質や構造によっては、自分での調整が難しい場合もあります。

調整を誤るとフレームが歪むか、破損する可能性があるため、メガネを大切にするならば、専門のメガネ店に調整を依頼することが賢明です。専門家による調整は正確で安全な方法であり、視力補正や快適な装着感の確保に適しています。

メガネのフレーム調整の頻度とは?

メガネのフレーム調整は、自分でおこなえる範囲もあれば、専門家に依頼するべき範囲もあります。調整の頻度について詳しくみていきましょう。

定期的な調整が必要なケース

メガネのフレームには、時間とともに緩んでしまう部分があります。そのため、次のようなケースでは定期的な調整が必要です。

日常の使用や誤った取り扱いによって、メガネのフレームは少しずつズレていきます。ズレたフレームでは視力補正が正確におこなわれないため、定期的な調整が必要です。

メガネが正しくフィットしないと、かけたときに鼻や耳に圧力や不快さを感じます。このような場合、フィット感を向上させるための調整が必要です。

ノーズパッドが正確に鼻にフィットしないと、メガネがズレたり、鼻への圧力を感じたりします。このような場合も、ノーズパッドの微調整が必要です。

年に1度の定期調整

定期的な調整が難しい場合でも、年に1度はメガネのフレームを専門家に見てもらうことをおすすめします。これにより、メガネが最適な状態で使用でき、視力補正が正確におこなわれます。

メガネは日常的に使うアイテムであり、その正確な調整は視力の品質と快適な着用感に大きな影響を与えます。定期的なメンテナンスと専門家によるチェックによって、メガネを最良の状態で保てます。適切なフィット感と視力補正は、日常生活の品質を向上させます。

メガネのフレームがズレたままにしておくと…

メガネのフレームがズレたままにしておくと、さまざまな問題が生じます。ここでは、そのリスクについて詳しく説明します。

視力への影響

メガネのフレームがズレたままだと、正確な視力補正がおこなえず、視界がぼやけたり、ピントが合わなくなったりします。そのため、ズレたメガネをかけていると、物体がはっきりと見えず、日常生活や仕事に支障をきたします。

視力の品質を維持するためには、フレームの正確な調整が不可欠です。

目の疲労

メガネのフレームが合っていないと、目の筋肉が余分に働かなければならず、疲れやすくなります。長時間の使用時には、とくに不快さを感じるでしょう。

目の疲れは集中力の低下や頭痛の原因となり、日常の生活品質に影響をおよぼします。正確なフィット感をもつメガネは、目の疲れを軽減し、快適な使用を可能にします。

フレームの損傷

メガネのフレームがズレたまま使用されると、フレーム自体に負担がかかり、損傷する可能性が高まります。フレームが歪んだり、破損したりすることで、メガネ全体の耐久性が低下します。

修理が難しくなる前に調整することが大切です。メガネのフレームは、正確なフィット感を維持することで長い寿命を保ち、コストの節約に役立ちます。

まとめ

メガネのフレーム調整は、自分でできる範囲とできない範囲があります。ネジ締め調整やレンズの掃除は自分でおこなえますが、ノーズパッドの微調整やテンプルの調整には専門知識が必要です。

定期的な調整が必要であり、年に1度の専門家によるチェックもおすすめです。メガネを適切に調整することで、視力補正が正確におこなわれ、快適な装着感を実現できます。

                   

おすすめ関連記事

RANKING TABLE

【銀座】おすすめのメガネ屋ランキング比較表

イメージ1
2
3
4
5
会社名和真眼鏡金子眼鏡店PARIS MIKIメガネの田中JINS
特徴確かな技術を持った眼鏡士が、快適な視生活を提供してくれるメガネメーカー高品質でおしゃれなメガネを手頃な価格で購入できる老舗の眼鏡メーカーきめ細やかなサービスと、製造から小売りまでを一貫して行う眼鏡メーカー1913年創業の老舗メガネ専門店。100年以上にわたり高品質なメガネを提供高品質でおしゃれなメガネを手頃な価格で購入できる老舗の眼鏡メーカー
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら