メガネで目が悪くなるって本当?視力低下の原因とは

公開日:2023/11/15 最終更新日:2023/08/31
           
           

メガネで目が悪くなるという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これは誤解です。実際には、メガネは視力を矯正する有効な道具であり、目を保護する役割を果たしています。視力低下の原因はさまざまな要因が関係しているので、よく把握しておきましょう。この記事では、視力低下の原因や、メガネの適切な使用法について詳しく解説します。

適切な度数のメガネなら目が悪くならない

メガネをかけて視力が悪くなることはありません。しかし、適切な度数のメガネを正しく使うことが前提です。しかし、度数が合っていないメガネの長時間にわたる使用や、使用環境が悪い場合には、視力低下のリスクが高まることがあります。

メガネを掛けると目が悪くなると考えられている原因のひとつは、メガネを掛けた状態に慣れると、外したときに見えていたものが見えなくなるために、視力が低下したと思いこむ錯覚です。

また、度数が適切でないメガネを使用した場合、視力低下や目の負担が引き起こされます。近年では、度数が適切でないメガネは目に負担をかけるため、逆に近視を進行させる可能性があるとされています。

したがって、メガネを選ぶ際には正確な視力を測定し、適切な度数のメガネを選ぶことが重要です。正しい使い方と選び方によって、メガネは視力低下の予防や補正に役立つ貴重な道具になります。

視力低下の原因とは?

視力低下の大きな要因は目の疲れです。現代ではパソコンやスマートフォンの普及により目が疲れている人が増えています。目が疲れていると視力低下や痛み、眩しく感じたりぼやけたりする可能性があります。疲れを感じたら適度に休むことが重要です。目を温め、遠くを見るなどで目を休めましょう。

また、視力低下の原因として、目の病気も考えられます。急激な視力の低下は白内障や網膜剥離、緑内障などの病気のサインかもしれません。これらの病気は深刻な状態を招く可能性があるため、急激な視力低下が見られる場合は、早めに眼科を受診することが重要です。

さらに、食生活の乱れも視力低下の原因になります。急なダイエットや栄養の偏りによってビタミンAやB12などの栄養素が不足すると、目の細胞の代謝が鈍ったり、夜間の視力が低下したりする可能性があります。

度数の合わないメガネを使用することも、視力低下を引き起こす要因のひとつです。度数が合わないメガネを使うと、ピントを合わせるための目の筋肉を必要以上に緊張させなければならないため、ピント調節がしにくくなり、結果として近視の進行を招くことがあります。

また、フレームの歪みにも注意が必要です。フレームの歪みにより、適切に調整された位置からレンズが移動し、正しい見え方が期待できなくなります。

以上のように、視力低下につながる原因はさまざまです。正しくメンテナンスされたメガネの使用や、健康状態に気を配ることが視力を保つために重要です。

メガネの正しい使い方

メガネは正しい使い方を守ることが大切です。間違った使い方は視力低下の原因となる場合があります。目の負担を最小限に抑えるために、以下のポイントを意識しましょう。

まず、使用状況に合わせてメガネを使い分けることが重要です。遠くを見るときには遠くを見るメガネ、近くを見るときは近くを見るメガネが用意されています。

パソコン作業や読書など、近距離での作業には近くを見るメガネが適しています。また、運転や遠くを見る際には遠くを見るメガネを使用することで目の疲れを軽減可能です。

さらに、現在の視力に合ったメガネを選ぶことも重要です。とくに、視力矯正用のメガネを作る際は、専門店で正確な視力測定を受けてから作成しましょう。また、メガネが見えづらくなった場合は、視力低下が考えられるため、買い替えを検討することが必要です。

加えて、正しい位置でメガネを装着することも大切です。購入時に専門家が適切な位置にフィッティングしてくれますが、時間が経つとフレームの歪みやネジの緩みによってレンズの位置がずれることがあります。見え方が悪くなった場合は、視力低下だけでなく、フレームの変形も原因として考えられるため、専門店で再度フィッティングするか、買い替えを検討しましょう。

視力低下を避けるためには、正しい使い方と適切なメンテナンスが重要です。用途にあったメガネを使い、定期的に見え方を確認することで、メガネによる視力低下を抑えられるでしょう。

まとめ

メガネを使うことで目が悪くなるというのは誤解です。正しい使い方と選び方を守ることで、むしろ視力の低下を予防できます。現代のデジタル環境での目の疲れや、栄養不足などが視力低下のひとつの要因です。

疲れている場合は休む、過度なダイエットや偏食をしないことが目の健康に求められる生活習慣です。さらに、度数が合わない、フレームが変形しているなども視力低下の要因になります。

適切な度数のメガネを選び、正しい使い方を心掛けることで、メガネは目の健康をサポートできる道具です。視力低下を防止する手段として、定期的なメンテナンスを実施することに加え、目の疲れや病気にも注意するなど、健康面へのケアも忘れずに実施し、視力低下を予防しましょう。

                   

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

RANKING TABLE

【銀座】おすすめのメガネ屋ランキング比較表

イメージ1
2
3
4
5
会社名和真眼鏡金子眼鏡店PARIS MIKIメガネの田中JINS
特徴確かな技術を持った眼鏡士が、快適な視生活を提供してくれるメガネメーカー高品質でおしゃれなメガネを手頃な価格で購入できる老舗の眼鏡メーカーきめ細やかなサービスと、製造から小売りまでを一貫して行う眼鏡メーカー1913年創業の老舗メガネ専門店。100年以上にわたり高品質なメガネを提供高品質でおしゃれなメガネを手頃な価格で購入できる老舗の眼鏡メーカー
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら