顔が大きい人に似合うメガネは?

公開日:2023/12/01 最終更新日:2023/09/04
           
           

メガネを選ぶ際、自分の顔の大きさからフレームを選ぶと最適なメガネが選べると言われています。ただ、顔が大きい方は自分に似合うフレームやメガネを選ぶのに苦労される方もいるでしょう。本記事では、顔が大きい人に似あうメガネについて紹介しますのでぜひ、参考にしてください。

最適なフレームサイズを知ろう

最適なサイズのメガネを作成する場合、フレームの幅に顔の幅が適しているかが大切になります。

とくに、顔が大きい方はフレーム選びを間違えると食い込みの原因となり、メガネを付けることを不快に感じてしまう原因につながりかねません。メガネの最適なフレームサイズを解説します。

まずは横幅を選ぶ

一般的に、眼鏡のフレームを選ぶ際には顔の横幅と同じ幅のフレームを選ぶと最適だと言われています。顔の横幅よりも狭いフレームを選ぶと、顔が大きく見えたりテンプルが顔に食い込んだりする可能性が出てきます。

そうならないためにも、最適なフレームサイズを知ることで適したメガネをつくれるでしょう。

テンプルの長さも大切

テンプルとは、耳にかける部分のことを指し、フレームからテンプルの長さまでを指します。テンプルが短いと、顔に食い込んだり鼻の上に跡が付きやすくなってしまいます。そうならないためにも、テンプルの長さが自分の顔にフィットしているかきちんと確認しましょう。

目安としては、一般的に成人男性で140㎜~145㎜と言われています。標準的な長さを元に自分の顔に合っているかどうか確認すると良いでしょう。

顔が大きい人に似合うメガネブランド

顔が大きいとなかなかメガネを探すのが難しいと感じる方もいるでしょう。顔が大きい方のために、一般的なメガネ屋さんには取り扱っていないブランドメガネがあります。

ひとつは日本ブランドである杉本圭です。杉本圭では、一つひとつを職人の手で作り上げるメガネづくりが魅力的です。手作業であるからこそできる、エッジのきいたフレームカッティングであるため大きめのデザインを可能としました。

他にも、顔が大きい力士からの要望を受けて作成された、LANCETTIのメガネブランドがあります。LANCETTIは、メガネ業界でもトップクラスのサイズ展開でできており顔の大きい方向けのブランドと言っても過言ではありません。

レンズの縦幅も大切

レンズ選びは横幅だけではなく、縦幅も大切になってきます。縦幅が合わないと、顔がより大きく見え、見た目の印象を大きく変える原因となるでしょう。レンズの縦幅がなぜ重要になるのか紹介します。

横幅だけではなく縦幅も大切

メガネをつくる際、横幅はもちろん大切ですが縦幅も大切になります。縦幅を選ぶ際、眉毛からあごまでの長さを1としその3分の1を目安とすると良いとされています。

また、縦幅を決めると同時に目とレンズの位置が合っているかも大切になります。とくに、視力が悪い方はレンズの位置が合っていないと視力低下を招く恐れがあるため注意が必要です。

丸顔で悩んでいる方は

丸顔で悩んでいる方は、縦幅の目安となる幅より少し短めにすると顔がスッキリ見えます。また、顔が細長く見える効果もあるため、丸顔の方は一度幅が短いメガネを試してみることをおすすめします。

自分の顔に似合うメガネで小顔を演出

メガネ屋ではよく見えたメガネでも、自宅に帰ってから掛けてみると似合っていないと感じる経験をお持ちの方もいるでしょう。これは、自分の顔に似合うメガネではなかった可能性が高く、自分らしさを演出できていない場合があります。自分の顔に合うメガネで小顔を演出する方法を紹介します。

まずは自分の顔型タイプを知る

メガネを掛けたときに、小顔に見せたい方やきれいな印象を与えたいなど人によって見せ方は異なります。そこで、まずは自分の顔型タイプを知ることから始めましょう。

例えば、四角い顔型であれば丸みのあるフレームや、やや大きめのフレームが似合うでしょう。また、丸顔であれば角のあるフレームや長めのメガネが似合うとされています。

フレームで顔の大きさはカバーできるのか

フレームの形で顔をすっきり見せたいのであれば、顔型タイプでフレームを選ぶと効果があります。

例えば、面長タイプであればウェリントンタイプのメガネすっきりした印象を与えてくれます。これは、上下のフレームの幅が幅広いため、輪郭にメリハリを与えるためです。

また、逆三角形タイプであれば角があるけど丸みがあるボストンタイプがおすすめです。ボストンタイプのメガネは、逆三角形の特徴である広い額や頬骨を和らげあごのラインを引き立てる効果が期待できます。

フレームの色

フレームの形も大切ですが、フレームの色でも顔の印象は変わります。例えば、ブラックやダークブランなどの暗い色は引き締める効果があるとされています。また、肌の色に合わせた色は相手に柔らかい印象を与えるでしょう。

まとめ

本記事では、顔が大きい人に似合うメガネについて紹介しました。顔が普通の大きさでもフレームや色によって、小顔効果があり顔の弱点を弱める効果がメガネにはあります。

メガネを選ぶ際には、専門スタッフと相談しながらどのメガネが自分に合うかを吟味しながら素敵なメガネを見つけられると良いでしょう。本記事が、メガネの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

                   

おすすめ関連記事

RANKING TABLE

【銀座】おすすめのメガネ屋ランキング比較表

イメージ1
2
3
4
5
会社名和真眼鏡金子眼鏡店PARIS MIKIメガネの田中JINS
特徴確かな技術を持った眼鏡士が、快適な視生活を提供してくれるメガネメーカー高品質でおしゃれなメガネを手頃な価格で購入できる老舗の眼鏡メーカーきめ細やかなサービスと、製造から小売りまでを一貫して行う眼鏡メーカー1913年創業の老舗メガネ専門店。100年以上にわたり高品質なメガネを提供高品質でおしゃれなメガネを手頃な価格で購入できる老舗の眼鏡メーカー
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら